鴨居

ららぽーと横浜へ出かけました。
渋谷から東横線、菊名で乗り換え横浜線でやっとたどり着いた鴨居駅は、ららぽーとへ行く人でいっぱいで、駅前のサークルKも恩恵を受けてはやっています。
ららぽーとまでは徒歩7分なのですが、普通の住宅地の細い道を歩いていきます。

3階建ての広大な建物ですが、ひし形になるよう配置された4つの円形の広場をノードとして、それぞれを結ぶ直線状の両側にお店が並んでいる、という言い方でよいでしょうか。
核テナントとしてはイトーヨーカドーですが、東急ハンズ、大丸が準核テナント的に面積を多くとっています。

2時くらいに到着してまずお昼ご飯と思ったのですが、どこも長蛇の列。有名店のそろったフードコートを楽しみにしていたのですがあきらめて、ランチで2800円以上という値段のせいか、一番すいていた中華ブッフェの「謝朋殿 炎菜房」へ。大変おいしかったです。
そういえば、近頃の食べ放題ブームで、バイキングというのではなくブッフェという言い方が主流になってきましたね。いいことだと思います。

とりあえず、一通り見て目立ったのが、マルイの専門店ショップ、イン・ザ・ルーム、レッドシューズ、ビザルノなどが軒並み出店していたことで、特にイン・ザ・ルームは面積も広くてちょっと高級感もあって、となりのアクタスよりいい感じでした。

アパレルだと、おおたかの森にもでていたパーリッシーがここにもあったのと、メルベイユ・アッシュの別ブランドのお店をはじめて見たのが気になりました。

大丸はデパ地下をそのままもってきた感じで、おおたかの森の高島屋がデパートと違うことをやろうと気張っていたのと対照的ですね。きっと大丸タイプの方が売れるのでしょうけど面白みには欠けますね。

それにしても、どこもおしゃれな売場作りで見ているだけでも楽しいです。
[PR]
by secretsheep | 2007-05-06 08:41 | 週末


<< 南船橋 秩父 大泉 >>