読書メモ

最近、週1冊の読書習慣が定着してきました。通勤電車の片道30分もない時間がメインの読書タイムですが、新聞は帰ってから家で読むようにして、できるだけ積ん読本を消化するようにしています。
さて、最近読み終わった本をいくつかメモ。

●内館牧子『女はなぜ土俵にあがれないのか』(幻冬舎新書)

表題のことを理論付けるために東北大文学部大学院の宗教学研究室に入った著者ですが、その修士論文を下敷きに一般向けにした本です。
テレビで見る大相撲がほんの一部分で、後ろには伝統的な世界があるということがわかりました。

女はなぜ土俵にあがれないのか
内館 牧子 / / 幻冬舎
ISBN : 4344980026
スコア選択:



●関根眞一『となりのクレーマー』(中公新書ラクレ)

元西武百貨店お客様相談室室長の著者が紹介する実例の数々。消費者の権利意識が昔と違ってきて、ますますクレーム対応が大事になってきているのでしょうね。

となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術
関根 眞一 / / 中央公論新社
ISBN : 4121502442
スコア選択:



●本多正克『ミステリーショッパーマーケティング』(あさ出版)

著者はいわゆる覆面調査を行う会社を経営している方。その経験から小売業に有効な改善策を提示してくれる本です。
外食して不満に思うことも色々あるのですが、直接お店なり本部なりに伝えることって少ないですから、こういう調査員になってきちんとしたレポートを作るということも一度してみたいなと思います。

ミステリーショッパー・マーケティング
本多 正克 / / あさ出版
ISBN : 4860631412
スコア選択:



●伊坂幸太郎『グラスホッパー』(角川文庫)
文庫が出るたびに必ず買っている伊坂幸太郎の最新文庫。
3つの視点から描かれる殺し屋のストーリー。伊坂節全開といったところです。楽しく読み終えました。

グラスホッパー
伊坂 幸太郎 / / 角川書店
ISBN : 404384901X
スコア選択:
[PR]
by secretsheep | 2007-07-08 09:49 | 読書


<< 映画「アヒルと鴨のコインロッカ... シンクロニシティ1 増田通二 >>