<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今シーズン見ているテレビドラマ(2007年10月~12月)

仕事が忙しくなったせいもあり、きちんと見続けたドラマはありませんでした。
ツマが見ているのをなんとなく見ていたというレベルでは「SP」「ガリレオ」「ハタチの恋人」等、一応見ましたけど。
[PR]
by secretsheep | 2007-12-31 05:38 | テレビ

フィギュアスケート全日本選手権

結果だけ見れば女子は4位まで昨年と同じ。でも色々なドラマがあってのこと。
安藤のフリー、ぞくぞくしました。取りこぼしがなければ浅田を抜けたのに、といっても浅田もトリプルアクセルがシングルになっているわけで、結果論ですね。
中野は、トリプルアクセルのダウングレードは残念ですが、安藤とは違った女性らしさがいいですね。
浅田は得点はでても記憶に残らないというか、演技が心にしみてこない感じがします。

男子は織田の欠場で高橋の圧勝でしたが、小塚が良くなってきましたね。

四大陸には昨年のように4~6位を派遣というのではなく、浅田、安藤、村主ということ。
鈴木明子が当然行くものと思っていたので残念です。

メダリストオンアイスでは水津の演技が印象的でした。ジュニアの選手ですが、浅田よりずっと大人びていて今後が楽しみです。
[PR]
by secretsheep | 2007-12-31 05:38 | スポーツ

最底辺にはいないセンセイ

会社勤めはつらいけれど、まがりなりにもホワイトカラーとしてそれなりに給料をもらえている生活がいつまで続くのかと、昨今のワーキングプア関係のルポや報道をみるたび複雑な気持ちになります。

ルポ最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書 673)
生田 武志 / / 筑摩書房
ISBN : 4480063773
スコア選択:

この本の著者は20年以上も釜ケ崎の飯場で自らも日雇いをやったりしながら支援活動を続けているということで、大変リアルに実態が書かれています。
手を汚して働くひとが低賃金で搾取されている一方、濡れ手で粟みたいにもうけている金融・投資関係の会社があったり、大きな利益を労働者や下請け企業に還元しない大企業があったりすることに、漠然と不安を感じます。


ところで、全然毛色の違う本ですが、ベストセラーのこの本が文庫になったので買って読みました。新潮文庫では新刊ですが、文春文庫には2004年に入っていたと、今、知りました。

センセイの鞄 (新潮文庫 か 35-5)
川上 弘美 / / 新潮社
ISBN : 4101292353
スコア選択:

川上弘美の本は『蛇を踏む』だけ読んだことがあって、不思議な小説だなあと思いましたが、こちらは一応リアリズム小説。
老後にこうして居酒屋通いができるような身分を得られるよう、サラリーマン生活をがんばろうと思います。
[PR]
by secretsheep | 2007-12-30 08:37 | 読書

勉強、どうしたらいい?

読み終わって、このブログに記録を残そうとして積んである本がたまっています。
粛々と進めて、年内に読んだ分は年内にアップしたいです。

レバレッジ勉強法
本田直之 / / 大和書房
ISBN : 447979218X
スコア選択:



この人の一連の本が売れているようですね。平積みになっているのが気になって読みました。
書かれていること、分かりますけど日々の仕事に追われてなかなか実践できないです。


誰がバカをつくるのか?―「学力低下」の真相を探る
河本 敏浩 / / ブックマン社
ISBN : 489308674X
スコア選択:


こちらは、予備校講師・教育コンサルタントの著者が、戦後日本にあらわれた荒れる若者の事例を検証し、教育の現場に影響する大学受験の改革を提言するもの。

自分の時とはすっかり受験制度も変わってしまい、よくわからない世界の話という気がする一方、卒業後に引き受ける企業に勤める身として、実は密接にかかわる話でもありますね。
[PR]
by secretsheep | 2007-12-30 08:03 | 読書

談合坂

a0045280_19165413.jpg



浜名湖にクルマで日帰り旅行のつもりが、到着が遅くなってしまい浜松に投宿。
翌日は名古屋に行き、実家によって親の顔を見てから中央道で帰京。

途中、眠たさがピークになり談合坂SAでちょっと仮眠。
色々とおいしいものを食べたりしました。
[PR]
by secretsheep | 2007-12-09 19:16 | 週末