<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

原宿 NHK杯

a0045280_18112771.jpg



代々木第一体育館でフィギュアスケート観戦。
NHK杯の3日目。男子フリーとエキシビション。

織田の復活V。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-30 18:11 | スポーツ

三軒茶屋

日曜日
シアタートラムへ。
安部公房脚本・岡田利規演出の「友達」を見に。朝日新聞の劇評を読んでどうしても行きたくなったので。

当日券は立見。
大きいほうの劇場は行ったことがあったんだけどシアタートラムははじめて。横長で傾斜のきつい構造。その右端の階段で立って見る。


前半はスリリングな展開で引き込まれるんだけど、後半、間が多くてちょっと集中力が続かない。
でもスタイリッシュな舞台演出、今も有効な安部公房のメッセージに演劇の面白さを実感。

終わったあとは三軒茶屋の街を散歩。
川善という肉屋の2階のレストランでメンチカツ定食食べて帰る。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-24 03:10 | 演劇

渋谷

土曜日
公園通りの「神南軒」でランチ。
1200円のしょうが焼き定食。フリードリンクにはワインまであって、この立地、このインテリアなら、コストパフォーマンスはいいですね。

坂をのぼってたばこと塩の博物館にはじめて行ってみた。
企画展の「近世初期風俗画 躍動と快楽」を目当てに。興味深く鑑賞。

続いて電力館へ。すいていていいですね。ベンチもいっぱいあって渋谷の穴場として覚えておこう。原子力発電の勉強もできた。

さて、パルコをぐるりとして時間調整したあとは、今日の目的であるところのパルコ劇場での「グッドナイトスリイプタイト」。2人芝居なのだけれど4人のミュージシャンが舞台上にいて、ちょこちょこと絡んでくるのが楽しい。回転舞台に近づいたり離れたりするベッドも面白い。第一幕で感じる夫婦生活の謎が少しずつ解き明かされ、最後のオチでぴたっとはまる構造に三谷節を感じる。
とはいえ、こういう人情話よりは「コンフィダント・絆」の方が自分の好み。

サムラートでカレー食べて帰る。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-23 08:11 | 週末

横浜

a0045280_15375174.jpg



横浜へ行こうと思い立ったはよかったものの、湘南新宿ラインが工事のため池袋から直通になっておらず、渋谷から東横線。

12時ちょうどくらいに先月リニューアルオープンしたモアーズへ。
まずは昼食。8,9階がレストランフロア。8Fにある横浜の有名店「ハングリータイガー」でハンバーグ。おいしくいただく。一番はやっているような。

9階のレストランフロアはゼットンがプロデュースしたと聞いた気がしますが、いまいち盛り上がっていません。おしゃれなムードはよいのだけれど。

各階まわる中で気づいたのが、狭いフロアの欠点を補うためか、壁のあるショップとオープンな感じのショップを組みあわせた構成をとっているところ。メリハリがついていてよい感じ。

ノーリーズの出している「フレディ&グロスター」というショップがメンズ、レディースともリーズナブルでこぎれいな商品を並べていて気になりました。

それから今日の横浜遠征の目的、そごう美術館で明日まで開催されている三沢厚彦展へ。

リアルなような、そうでないような動物の彫刻がいっぱい。ドローイングも数多く展示。
ちょうどご本人によるギャラリートークがはじまったので、50人くらいでぞろぞろと移動しながら興味深いお話を聞く。

本物の動物を見たくなってきたので、続いて野毛山動物園をはじめて訪問。
雨が降ってきたりでゆっくり見られなかったのは残念。
上の写真は動物園の入り口。

ということで横浜遠征は終了。
渋谷の東急東横店で晩御飯のお弁当を買って帰宅。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-15 15:37 | 雑談

なぜiPS細胞には人が集まるのか

iPS細胞 世紀の発見が医療を変える (平凡社新書 431)
八代 嘉美 / / 平凡社
ISBN : 4582854311
スコア選択:


話題のこの本を流行に遅れまじと購入して読了。
なんとなく「PS細胞、すごい」とわかりました。人間の体のことをもっと勉強せねばと思いました。

なんで筒井康隆が帯にコメントを書いているのかなと疑問でしたが、本文中でSF小説に触れる部分もありましたので、そういうつながりなのかしら…。


地に足の着いた著述で人気の川島蓉子さんの新書を読了。

なぜデパ地下には人が集まるのか (PHP新書 556)
川島 蓉子 / / PHP研究所
ISBN : 4569701965
スコア選択:


昔の西武はすごかったという話がでてきます。池袋店で今行われている改装がうまくいって、往時の勢いを取り戻してくれたらうれしいです。

しかし、ハコの古さはどうしようもないですよね。ぼこぼこの床は直せるかもしれませんが、低い天井と使いにくい形はそのままで、どこまで新しさを打ち出せるでしょうか。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-15 06:56 | 読書

さいたま新都心

a0045280_16431936.jpg


某お役所の説明会を聞きに合同庁舎へ。
立派な講堂があるのですね。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-13 16:43 | 雑談

イオンモール名取

a0045280_16193379.jpg


出張で仙台方面へ。
早めに切り上げてイオンモール名取を訪問しました。

閉店が伝えられた三越は、すでに退店したショップあり歯抜け状態も見受けられました。
平日の午後4時頃ということで、閑散としているのは仕方ないですね。

写真は仙台空港鉄道のホームから、いずれなくなるMITSUKOSHIのロゴを撮影。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-12 16:19 | 雑談

福岡の朝、ホテルの部屋で

a0045280_6344048.jpg

ホテルで朝起きて、地元のFMをつけると、佐野元春の「モリスンは朝、空港で」が流れてきた。しばし懐かしさに放心して聞き入る。

最初、何でこの曲が今頃オンエアされるのかなと思ったのですが、歌詞の中に「11月のナントカ」とあるからですね、多分。
で、このナントカが聞き取れず帰宅してから調べたら「11月のエアポート」でした。タイトルにでてるじゃん。
この曲、力の抜けたけだるい感じがいいですね。ナイアガラ・トライアングルに入っていた曲と勘違いしていましたが、「グッドバイからはじめよう」のB面でした。かくれた名曲。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-07 06:34 | 雑談

文化の日

文化の日ということで印刷博物館が入場無料という情報を入手したので、他にぶつけるイベントがないかなと考えたところ浮上したのが講談社野間記念館。

副都心線の雑司が谷で降りて、目白通りを歩いて行く途中にある「ママ・タルト」でおやつ。

野間記念間では、講談社の「出版文化資料」展という企画を開催中。一番インパクトがあったのはかつての少年雑誌の付録展示。かなりの迫力でありました。
野間記念館ははじめてなんだけれど、こじんまりと上品な場所でした。休憩室も広くてお庭も見られてまったりできます。

それからまたてくてく歩いて印刷美術館へ。
こちらは「ミリオンセラー誕生へ!-明治・大正の雑誌メディア-」という企画展。日本の雑誌の歴史を世相とからめて概観する内容。
はじめて「東京パック」の実物を見られたのが収穫でした。
しかしながら、雑誌の売り上げ部数でもって「ミリオンセラー」とはあんまりいわないような気がするのですが…。


両方で「キング」が展示してあったり、うまくつながりのできたハシゴ鑑賞となりました。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-03 23:53 | 文化活動

あざみ野

a0045280_16434929.jpg


アートフォーラムあざみ野にて「スーパーピュア展2008」。
チケットはガチャガチャででてくるピンバッヂ。
入場するとちょうどライブ演奏がはじまったばかり。
「桃の花オーケストラ」というピアノ、バイオリン、ベースのトリオ。
ベースはジャズなんでしょうか? 即興っぽい感じもとりいれたエモーショナルな演奏を間近でみて感動。遅れて入ったので口上みたいなのを聞けず、なぜこの会場で彼らが演奏するのか背景がよくわからなかったのですが、商業ベースでないアンサンブルは、この展覧会にぴったりはまっていました。

アウトサイダーアートにふれられる数少ない機会ということであざみ野までやってきたわけですが、ライブ会場ともなっていた「工房しょうぶ」のコーナーが一番ひびいてきました。
全体的にすばらしい作品も多かった一方、玉石混交というか、スタージョンの法則という言葉を思い出したり。
[PR]
by secretsheep | 2008-11-02 16:43 | 雑談