<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2008年の展覧会ベスト5

チェックしているアート系ブロガーさんたちがそろってベストテンを発表してらっしゃるので、私も真似してみようかと思います。
でも、私の鑑賞履歴じゃベストテンは苦しいのでベストファイブで。


1位
「アール・ブリュット/交差する魂」展
@松下電工汐留ミュージアム(その後、松下の社名変更に伴い「パナソニック電工汐留ミュージアム」と名前が変わっています)

2位
「石田徹也-僕たちの自画像-展」
@練馬区立美術館

3位
「中国・北京故宮博物院秘蔵 甦る琉球王国の輝き」展
@沖縄県立博物館

4位
「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 展」
@国立西洋美術館

5位
「アンドリュー・ワイエス」展
@Bunkamura ザ・ミュージアム

2位~5位は、入れ替え可。
自分の知らない世界を教えてくれる展示に惹かれます。そういう意味で1位は圧巻でした。


その他、印象に残った展覧会として…、

「対決」展@東京国立博物館
「パリ―ニューヨーク20世紀絵画の流れ」展@府中の森美術館
「液晶絵画」展@東京写真美術館

など。

2009年も精神のストレッチのため、ミュージアムめぐりに励みたいと思います。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-31 23:59 | 文化活動

優雅なハリネズミと魔王

朝日新聞の書評を読んで、すぐに読むべきと思って買った本。

優雅なハリネズミ

ミュリエル・バルベリ / 早川書房



想像通りの「いいお話」。
世界に絶望して自殺しようとしているおませな女の子が、アパルトマンの管理人の老婦人と日本人の新入居者を媒介に接して、世の中そんなに悪いもんじゃないと思い直し、人生への希望を見出します。
一方、老婦人も隠していた自分を開放して芸術について友と語る喜びを知るのですが、その直後悲しい結末へ…。

パリに行きたくなりました。


次に、ずっと前に読んでいたのだけれど、記録を忘れていた本。

魔王 (講談社文庫)

伊坂 幸太郎 / 講談社



暗いムードで、これまでのポップな伊坂ワールドとはちょっと違う。
でもぐいぐいと物語世界に引き込まれるところは同じ。

伊坂氏は仙台市内のコーヒーショップなんかで執筆しているそうだけれど、これだけメジャーになってくると、あの狭い街ではもうそんなスタイルは無理なんじゃないかしら。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-31 07:30 | 読書

石田徹也展

中村橋の練馬区立美術館で「石田徹也-僕たちの自画像-展」を鑑賞。
最終日だったためか、若い人たちを中心にお客さんもいっぱいでした。

31歳で夭折した石田が短い生涯で描いてきた作品が凝縮された展示。
第一展示室では割と若いころの作品。青年らしい現代社会への違和感や風刺がポップに描かれた作品が多いです。
第二展示室では一転して、死に至る直前の、自身の内面を象徴的に構成する、ある種グロテスクな作品が多くなります。

生涯を通じて「自己疎外」をテーマにしていると思うのですが、歳とともに次第にその思索を深化させていった過程がわかるような気がします。
そのままピンク・フロイドのアルバムジャケットにしてもよさそうな作品もあったり。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-31 07:00 | 文化活動

「見えざる手」ってなんだろう

景気ってなんだろう (ちくまプリマー新書)

岩田 規久男 / 筑摩書房



景気が悪い悪いというけれど、いつかはそこが来てまた上向いてくるはず。
そう思いつつ、買ってあったこの本で経済のお勉強。

プリマー新書ということで非常のわかりやすい本でした。もう少し難しい岩田先生の本を読もうかと思っています。

もう一冊プリマー新書で経済のお勉強。

「見えざる手」が経済を動かす (ちくまプリマー新書)

池上 彰 / 筑摩書房



さすがにいい歳した自分が読むには簡単すぎるなあと思いましたが、経済を知る上で必要な視点というかエッセンスというか、そういうものがうまく詰まった本ですね。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-27 08:57 | 読書

六本木ヒルズでストーンズに感激

a0045280_15194527.jpg



六本木ヒルズのシネコンは祝日ということで大混雑。金融不況とか派遣切りとか、どこの世界の話かと思うほどリッチそうな人たちでいっぱい。
ローリングストーンズのライブドキュメンタリー映画、「シャイン・ア・ライト」を鑑賞。

感動。

マーチン・スコセッシ監督がストーンズ側とせめぎあいをするプロローグ部分が続いた後、「セットリスト」「OK、ファーストソング!」というセリフの直後に「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」のイントロが鳴り出すと、もうあとは一気にストーンズのライブが目前で広がり涙が出てくる。
ミック、かっこよすぎ。これでオーバー60なんてすごすぎる。こんなにかっこよく年をとっていくことができる男って、他にいないよね。

ミックだけじゃなく、キースもロンもチャーリーもいい年のとり方してる。
自分も、今をもっと大事にして、かっこよく年をとりたいと切に思う。まずはシェイプアップせねば。

何でこんなに涙がでるのかと不思議なくらいなのですが、見た人のブログをみていくと、やっぱり涙を流している人が続々見つかって、自分だけじゃないんだなと確認できました。

これまであまり熱心なストーンズのリスナーではなかったけど、高校生の時には「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」を学校帰りに映画館で見たし、大学生の時にはミックのソロ来日公演もストーンズの初来日公演も東京ドームで見た。
その時にはすでに現役というより、骨董品でもながめるような気分でいたのだけれど、さらに20年もたった今、彼らがバリバリにライブ活動をしているのをこの映画でリアルに見て、ロックを聴き続けて良かったとしみじみ思うとともに、ストーンズをもっと真剣に聴かねばと反省いたしました。


実は「シャイン・ア・ライト」のサントラはナップスターでダウンロードしてあって何度か聴いていたんですが、気づいたことが一点。
バディ・ガイをミックが紹介するとき、「バディ、マザーファッカー、ガイ」とサントラで入っていた部分が映画では「バディ、マザー___、ガイ」とミュートされていました。そういうものなのですね。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-23 15:19 | 映画

六本木、広尾、そして渋谷でワイエス

a0045280_155857.jpg


都心を散歩。
六本木のアクシスギャラリーでたくさんのくまちゃんを見てから麻布十番へ。
暗闇坂を抜けて有栖川宮記念公園にはじめて行きました。アップダウンが結構あるのですね。広尾へ出てからさらに明治通りを恵比寿、渋谷と北上。
セルリアンタワーからは東急の循環バスに乗せてもらって東急本店へ。
Bunkamuraにてアンドリュー・ワイエスの展覧会を鑑賞。

受験生時代にZ会の英語の課題で「クリスティーナの世界」について書かれた英文を読んでからずっと気になっている画家。
今回、「クリスティーナの世界」は展示されていないものの、その製作過程で描かれたデッサンなんかが出されていて興味深かったです。
いつかはニューヨークに本物を見に行きたいという思いを強くもちました。
その他にもデッサンや習作が多くだされていて面白かったです。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-20 15:58 | 文化活動

コンビニのレジから見たフルマラソン

コンビニのレジから見た日本人

竹内 稔 / 商業界




面白い本ではあるのだけれど、ちょっと話を面白くしすぎてないですか?
自分もお客さんとして頻繁にコンビニにいきますけれど、前後のお客さんでこの本に書かれているような特異な行動・発言をする人なんて滅多に見ないです。
私のいくお店が上品なんでしょうか。
実際にレジにたつと、大多数の普通のお客さんより一部の問題あるお客さんの方が気になるんでしょうけど。



ゼロからのフルマラソン (祥伝社新書132) (祥伝社新書 132)

坂本 雄次 / 祥伝社




ランニングブームで私も影響されてシューズとウエアを買ったのですが、ほとんど走っておりません。モチベーションがあがるかと思ってこの本を読みました。
ウォーキングからあらためて取り組みたいと思います。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-14 09:09 | 読書

クレジットカードのお勉強

最近、クレジットカード研究がマイブーム。日経トレンディやダイムなんかの特集記事を読んだりしていたのですが、ちょっとまとまった本を読もうと思って買ったのが以下の2冊。


「信用偏差値」―あなたを格付けする (文春新書)

岩田 昭男 / 文藝春秋




クレジットスコアとかクレジットレポートとか、不勉強で全然知らなかったのですが、日本でもこれからは使われていくのでしょうか。
最近立て続けに3枚のクレジットカードを作ったのですが、こういうこともよくなかったのですね。絞り込んで使って「信用偏差値」をあげていきたいと思います。


図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

平木 恭一 / 秀和システム




先に買ってあって読み始めたのもこっちの本だったのですが、上の本が面白そうだったので後回しにしてトイレ読書でやっと読了。
サラ金業界まで含めて、業界の動きがなんとなくわかりました。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-14 08:59 | 読書

沖縄

a0045280_14183537.jpg



月曜日に休みをとって、2泊3日で沖縄へ。

土曜日、おもろまちのホテルにチェックインしてから近所にある博物館へ。一年前に移転オープンしたばかりということで、沖縄らしさのあるかっこいい建物。
沖縄の歴史と文化を勉強させていただきました。

日曜日はレンタカーを借りて美ら海水族館へ。途中、名護の立ち寄った動植物園が期待していなかった分、結構楽しめました。

月曜日は識名園とアウトレットモールあしびなーへ。昼にはレンタカーを返して帰京。
[PR]
by secretsheep | 2008-12-07 14:18 | 週末