<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

川村かおり逝去

「campfire」は大学生時代に大好きでよく聞いたアルパム。
ティーンの女の子の心象が繊細に描かれていると思います。
高橋研のプロデュースがはまっていて、佳作ぞろいの一枚。

最近は乳がん関係の活動で、強い女性としてのイメージですが、当時は80年代ならではの尾崎豊にも通じる繊細さと反抗心があやういバランスをとっているキャラクターで、年齢の近かった自分には非常に共感できました。

早すぎる死、本当に残念です。

CAMPFIRE

川村かおり / ポニーキャニオン


[PR]
by secretsheep | 2009-07-30 21:34 | 音楽

佐野元春コヨーテツアー

お台場へ。
ガンダムを見てからゼップ東京での佐野元春のライブへ。
ワンマンライブを見るのは本当に久しぶり。
カフェボヘミアミーティングからの5年間は欠かさず見に行っていたけど、それ以降となるとアクトアゲンストエイズと仙台のARABAKIフェスで見ただけだったのでとても楽しみでした。

予想を裏切らないすばらしいパフォーマンス。
本編はコヨーテからの全曲。
「君が気高い孤独なら」は「サムデイ」「約束の橋」にならぶアンセムとなる予感を感じさせられました。
あんまり聞き込んでなかった「コヨーテ」ですが、すばらしい名曲ぞろいのアルバムだったのですね。

アンコールで昔の曲。やっぱり盛り上がる。
若いメンバーの演奏もかっこいい。
[PR]
by secretsheep | 2009-07-30 21:32 | 音楽

奥多摩の美術館

日曜美術館で見て気になった犬塚勉の展示会を見に、ひたすら新青梅街道を西進し、奥多摩のせせらぎの里美術館へ。

http://www.okutamas.co.jp/seseragi/index_se.html

車を降りると虫の声がいきなり聞こえてきてなつかしいいなかの風情。
美術館の建物も和風でいい感じ。

犬塚勉の絵は、自然をリアルに描写して、そこにいない自分の存在の意味を問いかけているよう。

鑑賞後は川べりを散歩したり。
[PR]
by secretsheep | 2009-07-24 23:32 | 文化活動

PIW

プリンスアイスワールドへ。
東伏見のスケート場は割りと近いところにあるのだけれど、車でないとなかなか行きにくいところです。
行きは荻窪行きのバスで上井草に出てから西武新宿線というルートで。

開演30分前に到着し当日券を購入。お客さんは9分位の入り。
思ったことをざっと箇条書きします。

・最初と最後にすべった荒川静香、貫禄です。何も言うことはありません。
・村主千香、輪っかを使った空中の演技に見とれました。
・八木沼純子、もう30代後半なのにスタイルもよくお美しい。メイド服とエアギターに萌え。
・中野友加里は今シーズンのSP。オペラ座の怪人。よく仕上がっているのではないでしょうか。武田や舞と比べるとやはり段違いのパフォーマンス。
・伊藤みどり、がんばってました。

帰りは、東伏見の駅で人身事故があって救急車と消防車がたくさんあつまってました。
三浦屋で買い物してタクシーで帰宅。
[PR]
by secretsheep | 2009-07-20 09:30 | スポーツ

大崎O美術館

大崎というところには行ったことがなかったのですが、朝日新聞でアロイーズ展と一緒にレビューされていた「目覚めぬ夢」展が気になって、はじめて足を運んでみました。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200907080231.html

会場のO美術館は大崎ニューシティ2階の食堂街の端という庶民的なロケーション。でもホテルの一部という位置づけなのですね。大崎ニューシティという建物は構造がわかりにくいです。

5人の作家の作品はそれぞれインパクトのあるものですが、芸術としての評価はちょっとどうかなという感じ。
汐留のアール・ブリュット展はあの密度に圧倒されましたが、こちらは割りとゆったりと展示してあってボリューム感がなく物足りなさを感じました。

「目覚めぬ夢」展というタイトルは良いですね。
[PR]
by secretsheep | 2009-07-20 05:14 | 文化活動

あなたのコンビニが廃墟になる日

コンビニ 不都合な真実 (ベストセレクト 767)

月刊「ベルダ」編集部 / ベストブック



セブンイレブン加盟店の値引き問題が大きな話題になりましたが、その根幹にあるロスチャージ問題に焦点をあてたのがこの本。2007年に出ています。
今回の一連の騒動で、この本で書かれたコンビニ会計の仕組みがずいぶん知られるようになりましたね。

売れ残り品の値引きが認められるなら、極論すればいつでもなんでも値引きしていいということにもなりかねず、いま保たれているコンビニの秩序がどうなってしまうのか心配です。

あなたのマンションが廃墟になる日――建て替えにひそむ危険な落とし穴

山岡 淳一郎 / 草思社



こちらはマンション老朽化問題を題材に行政や業界の状況をルポしたもの。
自分にとっても他人事じゃない。
トイレ読書でゆっくり読んでいる間版元の草思社が民事再生申請という事態になったり。
[PR]
by secretsheep | 2009-07-18 09:58 | 読書

ネットじゃできないはぐれ方

東京するめクラブ 地球のはぐれ方

村上 春樹 / 文藝春秋



※上には村上春樹の名前しかでてきていないけど、吉本由美、都築響一と3人の共著。

ずっと積ん読だったこの本をトイレ読書でやっと読了。
名古屋のパートを読むために買った感じなのですが、熱海もハワイも江の島も行きたくなりました。
『1Q84』も買ってあるので早く読みたい。

実際に行ってみなければわからないことがあるよね、ということでこの本。

ネットじゃできない情報収集術 (マイコミ新書)

漆原 直行 / 毎日コミュニケーションズ



著者はフリーライター。
ネットからリアルへという提案。ごもっとも。
[PR]
by secretsheep | 2009-07-18 09:43 | 読書